NEWS

BIO


一度もライブをしたことがなかったにもかかわらず、FUJI ROCK FESTIVAL’21 Rookie A GoGoに出演。


腹話術、魔術、パーティーゲームを盛り込んだシュールでインタラクティブなライブを数多く行い、ライブシーンでも高い評価を得ている。


STAP Sigh Boysの音楽は、神経質なディスコ、神経質なワルツ、神経質なチェンバーポップ、神経質なR&B、神経質なエレクトロポップなどを取り入れて、社会的不安や性的な不器用さを物語っています。


もともと1970年の大阪万博アイルランド館で働くため来日しましたが、東京の築地市場に行った際に冷凍庫に閉じ込められてしまい、豊洲に移転した時にようやく発見されました。


————————————————————————


Without ever having performed live, STAP Sigh Boys was selected as a Fuji Rock “Rookie” of 2021 (the target of every indie band in Japan).


Live shows consist of ventriloquism, sorcery, party games, shadow puppetry and overly awkward audience interaction.


STAP Sigh Boys music takes in Disco, Chamber Pop, Waltz, R&B and Electro pop to tell tales if social anxiety and sexual awkwardness.


Originally coming to Japan to work at the Irish pavilion of the 1970 Osaka World Expo, on an excursion to Tokyo, STAP Sigh Boys got trapped in a Tsukiji Fish Market freezer, only defrosting when the market was closed in 2018.